MENU

【チェンソーマン】デンジ・クァンシVSサンタクロース

目次

主要人物


デンジ
公安退魔特異4課のデビルハンター

クァンシ
中国からデンジを狙う刺客

サンタクロース
ドイツからデンジを狙う刺客

ストーリー

闇の悪魔の肉片を取り込んだサンタクロースが闇の悪魔の力を得ていく。

サンタクロースがマキマに迫ると、マキマはデンジのチェンソーを吹かし、デンジをチェンソーマン化させ助けを求める。

デンジがサンタクロースを切断していくが、闇の悪魔の力を得たサンタクロースは闇の中で瞬時に傷を治していく。

デンジは大量の人形に襲われていく。

クァンシの魔人がクァンシの頭から矢を引き抜き、クァンシが悪魔化した。

クァンシは自分の魔人を殺したサンタクロースを倒すため、デンジに共闘を提案した。人形は強化されており、本体を倒さない限りは立ち上がってくるようになっていた。

クァンシが目にも留まらぬ速さで矢をサンタクロースに放っていく。

サンタクロースは痛覚を他の人形と分散することができるようになっており、クァンシの攻撃を意に介していなかった。

一方、デンジには人間の意志が残ったままの人形たちが迫ってきていた。

デンジが人形を殺すのに躊躇していると、クァンシが「人形が人のマネをしているだけだ、躊躇せず殺せ」と伝える。

夜になり、サンタクロースの闇の悪魔の力が増した。

力を増したサンタクロースはクァンシの矢を見切れるようになっていた。

サンタクロースはクァンシの魔人たちも人形に変えていた。

デンジはガソリンをかぶり、チェンソーの火花で炎に身を包んでいく。

サンタクロースが「闇の力で知見を深めて尚、馬鹿の行動は理解できません」とデンジの行動を理解できないでいると、デンジはチェンソーのチェーンで捕まえていく。

サンタクロースは痛みを分散してデンジの攻撃を無力化するが、炎の光の力で治りが遅くなっていた。デンジが燃えていくが、人形の血を飲んで復活する。

デンジが大量の人形に囲まれるが、チェーンを引っ張りサンタクロースと綱引きのような形になる。

デンジに引っ張られたサンタクロースが炎に包まれついに敗北していく。

人形の悪魔と契約しているサンタクロースは動けなくなりながらも「私の人形達は世界中あちこちにいるのです」「触れて人形にすれば誰しもがサンタクロースと呼ばれる殺し屋になり、闇の力で進化をし続け何度でも貴方を殺しに行くでしょう」と脅しをかける。サンタクロースが「日常の中で常に死が付きまとう生活を想像できますか?」と告げたところで、共闘を終えたクァンシがデンジの首を刎ねる。

クァンシがコスモの命じ、コスモはサンタクロースにハロウィンを喰らわしていく。

コスモは宇宙の魔人だった。コスモは森羅万象をサンタクロースに流し込み、「すべてを理解すると死ぬまでハロウィンの事しか考えられなくなるのです」と伝えた。

サンタクロースはハロウィンのことしか考えられなくなりながら燃えていった。

\ チェンソーマンのストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる