MENU

【マッシュル】フィン・エイムズVSアンディ・ウィンディ

目次

主要人物


フィン・エイムズ
マッシュのルームメイト

アンディ
イノセント・ゼロの根城の門番

ウィンディ
イノセント・ゼロの根城の門番

ストーリー

イノセント・ゼロの根城にやって来たフィンたちだったが、バリアによって先に進むことができなくなってしまっていた。

人と人の場所を入れ替える魔法が使えるフィンが一人で乗り込み、皆の侵入経路を確保することになった。中で散歩していたゴブリンを入れ替わり、フィンが単独で進むことになる。

フィンが門までたどり着くと、門番のアンディとウィンディが襲いかかってきた。

フィンは速攻で降参し、アンディ・ウィンディは「敵ながらなんという潔い降参だ」と見逃していった。

「みんなには悪いけど、あんな怖い人たちには勝てない」「出口は無かったって報告するしかないな」とフィンが皆の元に帰ろうとすると、マッシュたちとの写真に気づき、「何をやってるんだ、僕は」と自分の行いを悔いていく。

フィンがアンディ・ウィンディに突撃していく。

フィンが入れ替えの魔法でなんとかしようとするが、アンディ・ウィンディのあまりのスピードに捉えることができなかった。

フィンが「黙ってかかってこい、このやろう」と叫ぶと、ウィンディが突っ込んできて、フィンは石で頭の刃物を砕いていく。

アンディ・ウィンディがフィンの死角から連携攻撃でとどめを刺そうとするが、チェンジズで場所を入れ替えられ衝突させられてしまう。

フィンは欠けさせた刃物を鑑代わりにして死角をカバーしていたのだ。フィンの発想力でアンディ・ウィンディに勝利を収めていく。

\ マッシュルのストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる