MENU

【黙示録の四騎士】ガウェインVSカオス=ガラン

目次

主要人物


ガウェイン
黙示録の四騎士

カオス=ガラン
混沌の使徒

ストーリー

アーサーに力を与えられ復活を果たしたカオス=ガランがリオネス王国に現れ、黙示録の四騎士と対峙する。いきなり目にも留まらぬ速さのラッシュを繰り出した。

カオス=ガランの猛攻撃もガウェインには効かず、掉没辜もダメージはなかった。

カオス=ガランはエスカノールと同じ匂いの魔力を持つガウェインに攻撃を仕掛け続けるが、ガウェインに剣で斬られていく。

が、混沌の力で強化されたカオス=ガランには効かず、ガウェインを吹っ飛ばしていく。

ガランは十戒であった時の記憶と今の混沌の使徒としての自分とで混濁するが、「滅ボセ」という声で混沌の使徒としての任務を全うしようとする。ガウェインに連続攻撃を浴びせるが、ガウェインにテレポートで剣を体内に埋め込まれていく。

そして、体内から剣で体を引き裂かれた。体を両断されてもカオス=ガランは再生しようとするが、「ばくはつしちゃうもんね〜」とパーシバルの魔力が現れる。そして、大爆発を起こしカオス=ガランは死んでいった。

\ 黙示録の四騎士のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる