MENU

【新テニスの王子様】海堂薫VS手塚国光

目次

主要人物


海堂薫
U-17日本代表候補の中学2年生

手塚国光
U-17日本代表候補の中学3年生

ストーリー

海堂と手塚の試合が始まろうとしていた。

手塚は「百練自得の極み」を発動し、「お前の全力を俺にぶつけてみろ」と言い放つ。

海堂が防戦一方の展開が続く。

6-0で手塚が圧倒していた。海堂が明らかなアウトボールを打ってしまうが、手塚は手塚ゾーンでボールを引き寄せていく。

海堂がアウトボールを何度打っても手塚ボールで引き寄せられていく。街道は強制的にラリーをやめさせてもらえないようにされていたが、不二は「手塚は海堂に何か伝えようとしている」と手塚の思惑を見抜いていた。

ついに海堂が限界に達しかけていた。が、永遠に手塚ゾーンでラリーが続く。海堂は「手塚てめぇーっ」と敵意剥き出しとなる。

手塚のおかげで海堂が引き出されるが、零式ドロップで手塚が勝利していく。

\ 新テニス王子様のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる