MENU

【新テニスの王子様】河村隆&樺地崇弘VS伊達男児&伴力也

目次

主要人物


河村隆
U-17日本代表候補の中学3年生

樺地崇弘
U-17日本代表候補の中学2年生

伊達男児
U-17日本代表候補の高校3年生

伴力也
U-17日本代表候補の高校3年生

ストーリー

伊達が木の影に隠れている河村と樺地を見つけ試合を行うこととなった。

伴のショットを樺地が真似していく。

伊達が「男児の春」で河村を吹っ飛ばしていった。

河村は起き上がり「今のスーパーショットも樺地くんの目に焼きつきましたよ」と言う。樺地が「男児の春」を繰り出すが、吹き飛ばすまでのパワーは再現できなかった。

伊達の「男児の夏」で二人まとめて吹き飛ばされる。

河村と樺地の不死身っぷりに伴が驚きを隠せずにいた。河村が二拾五式波動球を放っていくが伴は耐え、マッチポイントとなる。

河村が佰八式波動球を放とうとするが、意識が飛びかけトスを変なとこにあげてしまい、無理矢理サーブを放っていく。

サーブは大きく逸れ、照明に当たってしまい、照明が落ちてくる。

それを河村と樺地が受け止めた。

それを見た伊達と伴はNo.12と13のバッジを二人に託していく。

\ 新テニス王子様のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる