MENU

【新テニスの王子様】リリアデント・蔵兎座VS中河内外道

目次

主要人物


リリアデント・蔵兎座
U-17日本代表候補の中学1年生

中河内外道
U-17日本代表候補の高校3年生

ストーリー

3番コートVS5番コートの総入れ替え戦、シングルス3の試合が始まる。中河内の左右コーナーのみに300球近く打ち分けてくるロボットのようなテニスにクラウザーが苦戦していた。

3-0で中河内がリードしていた。

クラウザーはホップする打球で中河内への直撃を狙うが躱されてしまう。

クラウザーは足に疲労がきながらもホッピングボールを繰り出すが、中河内には躱されてしまう。が、クラウザーの狙いは墓標を完成させることだった。

次のホッピングボールを中河内が避けようとするが、今度のは避けることができなかった。

クラウザーの逆転勝利に中学生たちが喜ぶが、中河内は立ち上がってくる。

中河内は「テニスに逆転ホームランはねえ」「一撃必殺の大技に頼ってっから体力つかねぇんだよ」と再びクラウザーを走らせまくる。クラウザーはコードボールにまたしてもサザンクロスで中河内を吹き飛ばす。普通の相手であればKOものだが、中河内は立ち上がってくる。

中河内はいつまでも食いついてくるクラウザーの根性を認め始めていた。またしてもコードボールにサザンクロスを打ち込んでくる。

中河内はフェンスの向こうまで吹き飛ばされるが、瀕死になりながらも戻ってきた。

クラウザーは限界で倒れてしまい、中河内の勝利となる。

\ 新テニス王子様のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる