MENU

【キングダム】秦北東部軍と狼孟軍の戦い

目次

主要人物


曹波広
秦北東部軍大将

風范

秦北東部軍将軍

カン・サロ
狼孟軍大将

ジ・アガ
狼孟軍副将

ストーリー

大将曹波広が討たれる

宜安攻略のため秦北東部太原では全城に徴兵令が発令され、各城から兵が出陣し集結していた。その数総勢21万に上る。王翦・桓騎軍との合流を目指し東へ向かう途中、カン・サロ率いる狼孟軍の強襲を受ける。

狼孟軍に気づいた秦北東部軍は応戦するも、半年前からこの奇襲のために練兵を重ねてきた狼孟軍と急遽徴兵された寄せ集めの軍である秦北東部軍との実力差は歴然で、あっという間に大将の曹波広の元まで迫られる。青歌最強の武将カン・サロに曹波広が両断され、秦北東部軍は指揮系統を失うこととなった。加えて、ジ・アガが中盤から秦北東部軍後軍に向かい爆進したため、その勢いに日和った秦北東部軍中軍・後軍は太原まで撤退していった。

21万から5万に

大将の曹波広を失ったものの、先頭を走る風范は「ここにはまだ五万の軍がいる」「数は減れど作戦は生きている」と残る5万の軍だけで王翦・桓騎軍の待つ合流地を目指すことに。本来21万の軍で合流するはずが、狼孟軍の奇襲により半日の内に4万もの兵を失ったこと、中軍・後軍まで撤退してしまったことで5万の軍しか合流することができなかった。

\ キングダムのストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる