MENU

【新テニスの王子様】白石蔵ノ介&切原赤也VS松平親彦&都忍

目次

主要人物


白石蔵ノ介
U-17日本代表候補の中学3年生

切原赤也
U-17日本代表候補の中学2年生

松平親彦
U-17日本代表候補の高校3年生

都忍
U-17日本代表候補の高校3年生

ストーリー

3番コートVS5番コートの総入れ替え戦、ダブルス2の試合が始まろうとしていた。

3-0で松平・都ペアがリードしていく。切原は松平の挑発で目を赤くしていた。白石は事前に柳から「赤也の悪魔化は生命をも脅かすものだった」「赤也の悪魔化を止めてほしい」と伝えられていた。

松平が「フラワーッ」と、ツイストのような変化をするサーブを繰り出す。

松平のサーブは白石ですら反応できないほどだった。松平が「糸目の中学生にボロ負けしてたのにね」と切原を煽ると、切原は悪魔化し白石の腕をラケットで殴ってしまう。

白石の包帯の中身は金のアームであることが明らかになった。

ゲームカウントは0-4となるが、重りを外した白石と切原の反撃が始まる。

切原は天使化を果たしていた。

切原・白石ペアは4-4まで追いつく。都は白石が腕の重りを外してスイングスピードが格段に上がったものの、腕のスピードに下半身がついてきていないことに気づいていた。そのため、打球すべてが左サイドに集まっていた。「やはりこのダブルスの弱点はお前だ」と切原を狙っていく。

松平も切原を狙い出す。切原を悪魔化させることで内部からダブルスを崩壊させようとしていたのだ。

が、切原は正気のまま悪魔化を行っていた。

白石がとどめを刺し、6-4で白石・切原ペアの勝利となった。

\ 新テニス王子様のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる