MENU

【新テニスの王子様】手塚国光VS大和祐大

目次

主要人物


手塚国光
U-17日本代表候補の中学3年生

大和祐大
U-17日本代表候補の高校2年生

ストーリー

3番コートVS5番コートの総入れ替え戦、シングルス2の試合が始まろうとしていた。

手塚のサービスゲーム。大和がドロップで意表を突こうとするが、手塚には通用せず先制し1-0となる。

が、打球がガットをすり抜けていき手塚は空振りし始める。

大和の「幻有夢現」という技だった。手塚は才能があるゆえ、動きや呼吸などで打つコース・強さを予測してプレイに入っている。なので、大和は打つ瞬間に打つコースを変えることで、あるはずもない打球を追ってしまうというテクニックを使っていた。大和が2-1でリードしていく。

手塚は「手塚ファントム」を発動し、幻も現実も両方コートの外に追い出していった。

手塚は肘への負担を顧みずにファントムを続け、4-4まで追いついた。大和は「また自己犠牲ですか?」「キミはもうチームの為に戦わなくていいんですよ」と伝えた。大和は中学時代チームのために腕を酷使してしまい手術が必要になり、その手術痕を見せながら「手塚くんにはボクみたいになって欲しく無いんですよ」「自分の為だけに戦ってほしい」と伝える。

大和の言葉を受け取った手塚は幻影のボールを空振るが、手塚も幻影であり本物の打球を捉え5-4となる。

手塚は「そうだ、俺がやるべき事は全て終わった」と大和に気づかされ、天衣無縫まで身につけた。

最後は零式でポイントを取り、6-4で手塚が勝利していく。

\ 新テニス王子様のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる