MENU

【呪術廻戦】禪院真希&加茂憲紀VS禪院直哉

目次

主要人物


禪院真希
呪術高専東京校2年

加茂憲紀
呪術高専京都校3年

禪院直哉
呪霊化した禪院直哉

ストーリー

桜島コロニーに現れた巨大呪霊が真希と憲紀に突っ込んでくる。

その速度は凄まじく、憲紀がまったく捉えることができないほど。

真希が呪霊に狙われていた。

真希がその正体に気づくと、直哉が顔を出していく。

真希の母に殺された直哉は呪術で殺されていないため、死後呪いに転じていたのであった。

憲紀が矢を放つと直哉に躱すも、真希は直哉の拘束から逃れることができた。憲紀がさらに矢を繰り出すも、直哉には簡単に躱されてしまう。

真希と憲紀の連携で直哉にダメージを与えると、直哉は上空に逃げ消失反応のような反応を見せる。

直哉の現在の姿は呪胎で、今変態を遂げようとしていた。憲紀が「穿血」で変態中の直哉を貫く。

憲紀が「良かった、この段階で祓えて」「呪胎であの速度、成体では一体どれ程」と安心するが、直哉はすでに変態を終えていた。

直哉は超スピードで憲紀を殴り飛ばしていく。

\ 呪術廻戦のストーリーをもっと見たい方はこちら /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる